サイト監修医院 医療法人ふくおか耳鼻咽喉科

愛知県 東海市 ふくおか耳鼻咽喉科監修の『キッズ(子ども)の病気のお悩み解決サイト!!』

子どもの鼻づまり

鼻のつけ根をあたためる

  • 鼻づまりで苦しい時は、鼻のつけ根を温めると、とおりが良くなり楽になります。
    子どもが嫌がらなければ、お湯にひたしてしぼったタオルを、鼻にあててあげるとタオルからの蒸気が鼻から入り、楽になります。
  • コップにお湯を入れ、湯気を鼻から吸わせても良いでしょう。(やけどしない様、注意して下さい)
    ※お風呂に入っている時のような状態と同じです。

室内を加湿する

  • 空気が乾燥すると、粘膜も乾いて鼻づまりがおきやすくなります。
  • 湿度は50%~60%に保ちましょう。

鼻づまりがひどい時は、抱っこやおんぶ

  • 寝ている姿勢より、体を起こした姿勢のほうが、鼻のとおりがよくなります。
    余裕があれば抱っこやおんぶで楽な姿勢をとらせてあげましょう。
  • 寝かせる時は、子どもの上半身が少し斜めに持ち上がるように、布団の下に毛布やバスタオルをたたんで入れてあげましょう。