サイト監修医院 医療法人ふくおか耳鼻咽喉科

愛知県 東海市 ふくおか耳鼻咽喉科監修の『キッズ(子ども)の病気のお悩み解決サイト!!』

子どもの鼻づまり

睡眠時無呼吸症候群について
舌下免疫療法
20分で結果がわかるアレルギー検査
ふくおか耳鼻咽喉科クリニックサイト
医療法人ふくおか耳鼻咽喉科 採用専門サイト
ふくおか耳鼻咽喉科監修中耳炎専門サイト 専門医による中耳炎のお話
ふくおか耳鼻咽喉科監修ちくのう専門サイト 専門医によるちくのうのお話
ふくおか耳鼻咽喉科監修専門医によるいびきのお話
院長BLOG
スタッフBLOG
サクラちゃんブログ
line友だち追加
Find us on Facebook
Instagram
pepper
Mobile Site 左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

鼻のつけ根をあたためる

  • 鼻づまりで苦しい時は、鼻のつけ根を温めると、とおりが良くなり楽になります。
    子どもが嫌がらなければ、お湯にひたしてしぼったタオルを、鼻にあててあげるとタオルからの蒸気が鼻から入り、楽になります。
  • コップにお湯を入れ、湯気を鼻から吸わせても良いでしょう。(やけどしない様、注意して下さい)
    ※お風呂に入っている時のような状態と同じです。

室内を加湿する

  • 空気が乾燥すると、粘膜も乾いて鼻づまりがおきやすくなります。
  • 湿度は50%~60%に保ちましょう。

鼻づまりがひどい時は、抱っこやおんぶ

  • 寝ている姿勢より、体を起こした姿勢のほうが、鼻のとおりがよくなります。
    余裕があれば抱っこやおんぶで楽な姿勢をとらせてあげましょう。
  • 寝かせる時は、子どもの上半身が少し斜めに持ち上がるように、布団の下に毛布やバスタオルをたたんで入れてあげましょう。