サイト監修医院 医療法人ふくおか耳鼻咽喉科

愛知県 東海市 ふくおか耳鼻咽喉科監修の『キッズ(子ども)の病気のお悩み解決サイト!!』

子どもの鼻血

舌下免疫療法
20分で結果がわかるアレルギー検査
ふくおか耳鼻咽喉科クリニックサイト
医療法人ふくおか耳鼻咽喉科 採用専門サイト
ふくおか耳鼻咽喉科監修中耳炎専門サイト 専門医による中耳炎のお話
ふくおか耳鼻咽喉科監修ちくのう専門サイト 専門医によるちくのうのお話
院長BLOG
スタッフBLOG
サクラちゃんブログ
line友だち追加
Find us on Facebook
pepper
Mobile Site 左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

頻度

小児の鼻出血は、5歳までに少なくとも30%が起こすと言われ、日常よく遭遇する疾患です。
発症のピークは3~8歳です。

出る場所

鼻の中の構造図

90%以上が鼻の入り口付近の壁(キーゼルバッハ部位と言われます)から出ています。
ここは細い血管が多く集まっており鼻をかむ、こする、いじる、ほじると傷つきやすい場所です。

原因

大体は鼻の粘膜の血管が傷ついて起きます。お子さんの場合は、鼻をかむ、こする、いじる、ほじるといった刺激で傷つきます。
そして出血した場合にカサブタがつき、それが気になって鼻を触ってしまい鼻血を繰り返します。

鼻血を繰り返す場合は、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(ちく膿)があることが多くありますので、それに対する治療も必要です。炎症で鼻の粘膜がただれた状態になり、傷つきやすく鼻血が出やすくなります。

稀に血が止まりにくい病気(白血病、血友病、紫斑病など)で起きることがあります。
疑わしい場合は総合病院へご紹介します。

注意点

  • 血圧が上がると、また出血しやすくなります。
    本日は激しい運動、お風呂はひかえて下さい。短時間のシャワー、洗髪ならOKです。
  • 鼻をさわると、また出血しやすくなります。
    強く鼻をかまないで下さい。軽くかむのならいいです。
  • お薬を用法どおりに内服・使用して下さい。

もし、再び出血した場合は

鼻の中の構造図

  • 鼻の穴にティッシュをそっと詰めて、小鼻を外から親指と人差し指で強くつまんで下さい。
    5~10分間の圧迫で止まることが多いです。
  • 姿勢は、座らせて下を向かせて下さい。
    ※上向きはよくありません。

止血してから1週間後はカサブタがとれやすくなるころなので、再び出血しやすくなります。