サイト監修医院 医療法人ふくおか耳鼻咽喉科

愛知県 東海市 ふくおか耳鼻咽喉科監修の『キッズ(子ども)の病気のお悩み解決サイト!!』

よくある質問

舌下免疫療法
20分で結果がわかるアレルギー検査
ふくおか耳鼻咽喉科クリニックサイト
医療法人ふくおか耳鼻咽喉科 採用専門サイト
ふくおか耳鼻咽喉科監修中耳炎専門サイト 専門医による中耳炎のお話
ふくおか耳鼻咽喉科監修ちくのう専門サイト 専門医によるちくのうのお話
院長BLOG
スタッフBLOG
サクラちゃんブログ
line友だち追加
Find us on Facebook
Instagram
pepper
Mobile Site 左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

耳に関するご質問

日常生活で注意することは何ですか?

ご注意下さい

  • POINT1 かぜをひかないようにしましょう。
  • POINT2 かぜをひいてしまったならこまめに鼻をかみましょう。鼻をかむときは片方づつ、ゆっくり、やさしく。強くかむと中耳炎が悪化することがあります。
  • POINT3 鼻すすりをやめましょう。
  • POINT4 完全に直るまで治療を続けましょう 自分の判断で治療をやめないこと!
  • POINT5 乳児の場合は、ならべく母乳で育ててあげてください。授乳の時は頭を高くしてください。
中耳炎になりやすい体質なのでしょうか?一度なるとなりやすいのですか?
決してそのようなわけではありません。まず中耳炎はよくある病気で3歳までに5~7割のお子さんがかかります。それは、お子さんは大人に比べて抵抗力が弱い上に鼻と耳を繋いでいる管が太く短くなっていて、そのため鼻のバイ菌が耳にいきやすいためにおこります。鼻水が出てきたら早めに治療することで、予防することができます。
しかし、過去半年以内に3回、もしくは過去1年間に4回以上繰り返したり、3ヶ月間治療をしても治らない場合は要注意です。
抗生剤を長い間飲んでも大丈夫でしょうか?
通常の抗生剤の服用は5~10日間ぐらいです。しかし、滲出性中耳炎やちくのうのある場合は特殊で長い間お薬を飲まないとなかなか治りません。長い場合は3ヶ月間飲み続けることがあります。
まず、よく効く抗生剤を5~7日間飲みます。
そして、症状・所見が落ち着いたら、軽めの抗生剤を通常の半分の量にして長い間飲む治療になります。量が少ないので副作用も少ないです。
中耳炎で耳を急に痛がったり、お熱が出た場合どうしたらいいのですか?
  • 解熱鎮痛剤(座薬・内服薬)を使って下さい。
  • 耳の周りを冷やすのもいいです。
  • もし、耳だれが出てきたら、こまめに拭いてあげて下さい。
  • ※綿球などで耳栓をするのは禁止です。
急性中耳炎の時、学校・保育園に行っていいですか?
  • 38.5℃以上の高熱があったり、激しい耳痛がある場合は休ませて下さい。耳だれや鼻水があっても問題はありません。
鼻がかめない子はどうしたらよいでしょう?
  • 鼻吸い器を用いて、こまめに鼻を吸ってあげて下さい。
  • 部屋を加湿(湿度50~60%)してあげるのも、鼻水を出やすくする効果があります。
急性中耳炎の時、プールに入っていいですか?
  • 1週間ぐらいは避けたほうがいいです。
    基本は中耳炎が治るまでです。
    プールの消毒液が、鼻やノドの粘膜を傷め中耳炎の治りを遅くするためです。
中耳炎の時、飛行機に乗ってもかまいませんか?

  • あまりお勧めできません。
    気圧の変動により悪化する可能性があります。
  • 鼓膜切開をした後や、すでに鼓膜に穴が開いている場合はOKです。

また、飛行機に乗るときの注意は?

  • 風邪をひかない(手洗い、うがい、マスク)
  • 鼻炎、花粉症の人は、あらかじめ医師に薬を処方してもらう
  • 日ごろから、耳抜きの練習を

中耳炎の時、飛行機に乗って耳が痛くなったときの対処

  • つばを繰り返し飲む
  • あめをなめる、ガムをかむ
  • あくびをする
  • 下あごを左右に動かしながら、つばを飲む
  • 鼻をかんでからつまみ、軽く「んっ」と耳抜きをする
(力の入れすぎに注意)
急性中耳炎の時、お風呂に入っていいですか?
  • 38.5℃以上の高熱があったり、激しい耳痛があったり、耳だれが出ている場合は2~3日は避けて下さい。
    体を温めると炎症が悪化するためです。
  • それでなければ入浴は可能です。その場合、38~40℃ぐらいの温めのお湯にして、湯冷めしないようにして入浴後にはすぐに布団に入って休ませるようにして下さい。
  • 耳にお水が入らないように注意して下さい。
小さいお子さんが中耳炎になりやすいのはどうしてですか?
その原因は大きく3つに分けられます。
お子さん自身、細菌、環境の3つです。

お子さん自身について

  • 特に3歳までは細菌に対する抵抗力が弱いためです。
    (母乳で育てると比較的抵抗力が強くなるとされます。)
  • 解剖学的に耳管(耳と鼻の管)が十分に発達していないので鼻の菌が、耳の方へ入りやすいためです。
  • 鼻をすすったり、両方の鼻をつまんで鼻をかむ癖がある場合は鼻の菌が耳に入りやすいためです。
  • 細菌について

  • 最近、抗生剤に効きにくい菌が増加してきているためです。
  • 環境について

  • 昨今、抗生剤に効きにくい菌が潜在的に保育園や幼稚園で蔓延しています。
    その菌が集団保育により、うつりやすくなっているためです。
  • 抗生剤が用法どおりに飲めていなかったり、途中でやめてしまった場合です。
    菌が完全に除菌できていないため再発しやすくなります。
  • 授乳の時にお子さんの頭を低くするとお乳が口から鼻、耳にいき中耳炎になりやすいとされています。
  • 同居する家族の喫煙もよくないです。
中耳炎を予防するにはどうしたらいいですか?
  • できるだけ母乳で育ててあげましょう。
  • 肺炎球菌ワクチンを接種しましょう。中耳炎の重症化を予防する効果があります。
  • 授乳の時は、お子さんの頭を高くしましょう。
  • 2歳未満のお子さんは、できれば集団保育を避けましょう。
  • かぜをひかないようしましょう。お家に帰ったら、うがい、手洗いをしましょう。
  • 鼻水、鼻づまりがあれば早めに医療機関に受診しましょう。
  • 鼻がつまっていたら鼻をこめにかませましょう。その際には片方づつ鼻をかませましょう。お鼻がかめれなければ吸引器ですってあげましょう。
  • 鼻すすりをやめましょう。
  • 用法どおりにお薬を飲みましょう。
中耳炎になると難聴がずっと残ってしまうのですか?
難聴が残ることは、ほとんどありません。

鼻に関するご質問

鼻が悪いと中耳炎になりやすいのですか?
そのとおりです。鼻・のどについた菌やウィルスが耳管(鼻と耳のとおり道)を通って中耳に入って中耳炎がおきます。
お子さんの場合、鼻水が出ていたら中耳炎は要注意です。

ちくのうの時、日常生活の注意は何ですか?
  • かぜをひかないようにすること。かぜをひくと、また繰り返すことがあります。
  • かぜをひいてしまったなら、こまめに鼻をかむこと。
    鼻をかむときは片方づつ、ゆっくり、やさしく。
    強くかむと中耳炎になることがあります。
  • 鼻症状があった場合に、早期に治療すること。
  • 完全に治るまで治療を続けること。自己判断で治療を止めないこと。
    ※完全に治らない状態で治療を止めると、ちくのうを繰り返すことがあります。

ちくのうの予防にはどのようなものがありますか?

生活していく上で基本的な事ではありますが、とにかく「規則正しい生活」が大切。具体的には、

  • 外から帰ったら手洗い、うがいをしっかりやる
  • 栄養バランスの整った食事を心掛ける
  • 人が多い場所に行く際は、マスクをして風邪を予防する
  • たくさんの睡眠時間を取る

ちくのうは、根気よく徹底的に治療する事が何よりも大切です。ちくのうはかぜが引き金となって発症したり、悪化する事がありますので、かぜ予防に努めると共に、少しでも「おかしいな」と感じられたら、すぐに受診される事をお勧め致します。

ちくのうの時、プールに入っていいですか?
  • 膿のような黄色い鼻水が出ていればやめて下さい。プールの消毒液が、鼻やノドの粘膜を傷めるためです。
  • アレルギー性鼻炎を合併している場合は、プールの中の微粒のゴミでアレルギー反応を起こすためです。
  • プールの水が鼻に入らないように注意して、誤って水が入ったらその都度鼻をかむようにして下さい。
  • スイミングの前後でしっかり鼻をかむようにして下さい。
    ※通学、通園には影響はありません。

ちくのうは遺伝しますか?
  • 急性のちくのうは遺伝することはありません。
  • 重症の慢性ちくのうに関しては遺伝が関係しているとされています。

抗生剤を長い間、飲んでも大丈夫でしょうか?
通常の抗生剤の服用は5~10日間ぐらいです。しかし、ちくのうのある場合は特殊で長い間お薬を飲まないとなかなか治りません。1~3ヶ月間(治るまで)飲みます。
まず、よく効く抗生剤を5~7日間飲みます。そして症状が落ち着いたら、軽めの抗生剤を通常の半分の量にして長い間飲む治療になります。量が少ないので副作用も少ないです。

他にもよくあるご質問

お子さんのお薬の飲ませ方

インフルエンザワクチン接種のよくある質問

ワクチンの効果の持続期間は?

接種後2週間程で効果が現れ約6ヶ月間続きます。

インフルエンザの予防接種は毎年打った方が良いですか?

打ったほうがいいです!!なぜなら、ワクチンの効果が半年間しかありませんし、流行が予想されるウィルスのタイプが毎年変化する為、ワクチンの内容も毎年異なるからです。

効果的な接種時期は?

10月~11月末までで、遅くとも12月中旬までには済ませて下さい。

2回接種する場合の接種間隔は?

効果的な接種間隔は4週間です。
13才未満は最低でも2週間あけて下さい。(13才以上の場合は最低1週間です)

ワクチンの効果は?

約80%で、就学前の小児の場合は20~30%です。予防接種を打っても、インフルエンザに全く罹らない訳ではありません。しかし、インフルエンザにかかった場合でも症状は軽く済みます。
また、多くの方(集団の接種率83%以上)が予防接種を打つと、周りの予防接種を打っていない人(例えば、生後6週未満の赤ちゃん)も、インフルエンザに罹りにくいとされています。

ワクチン接種の時に飲んでいてはいけないお薬はありますか?

1.免疫抑制剤・ステロイド⇒ワクチンの効果が減弱してしまいます。
2.アスピリン⇒副作用(ライ症候群)が出やすいです。 ※抗生剤、感冒薬はOKです!

他の予防接種との接種間隔は?

1.インフルエンザが先の場合⇒次のワクチンは6日以上あけて下さい。
2.インフルエンザが後の場合⇒生ワクチン(麻疹風疹・水痘・おたふく・BCG・MR・ロタ)が先なら27日以上あけて下さい。不活化ワクチン(ポリオ・Hib・肺炎球菌・三種混合・日本脳炎・A型肝炎・B型肝炎・破傷風・ヒトパピローマ・狂犬病)が先なら、6日以上あけて下さい。

卵アレルギーの子どもにワクチンを接種しても良いでしょうか?

鶏卵の二次製品を食べているお子さんは、安全に接種できています。
卵または卵を含む食品の摂取後に、蕁麻疹等の症状が発現したことがある場合は、医師にご相談下さい。

気管支喘息の方にワクチンを接種しても良いでしょうか?

予防接種前の2週間、喘息発作がなければ大丈夫です。
※もし発作が起きてしまったら発作後2週間以上たってから接種するようにします。接種後は、発作が出ないことを確認する為に院内で30分間待機が必要です。

妊婦、授乳婦の方への接種は?

当院では妊娠14週以降(安定期)の妊婦の方に接種しています。妊娠初期で接種希望される方は産婦人科に御相談下さい。妊婦のお母さんが予防接種を打つと、母子ともに免疫を獲得できます。胎児へも抗体が移行するため出生後の乳児の感染防御、重症化の防止のメリットがあります。胎児への影響は自然発生的なリスクと変わりません。お母さんの副反応の発生率は非妊娠時と変わりません。授乳婦の方も問題ないですし、お乳を飲んでいる赤ちゃんに影響はありません。出産後すぐにも接種可能です。また、ワクチン接種後の避妊も必要ないとされています。

生後何ヶ月から接種することができますか?

生後6ヶ月以降から可能です。

もし予防接種の前に他の病気にかかってしまったら?

罹患した疾患が軽症なら症状が回復すれば接種できます。突発性発疹症・手足口病・伝染性紅斑は治癒後1~2週間に接種できます。
麻疹・おたふく・水痘・風疹は治癒後約2~4週間で接種できます。

出席停止期間に関して

病名 出席停止期間の基準
麻しん 解熱した後3日を経過するまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後2日を経過するまで(症状からアデノウイルス結膜炎と明確に区別することができない。)
インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで
百日ぜき 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
病名 感染性のある期間
溶連菌感染症 治療開始後1日まで(無治療では一定せず)
手足口病 咽頭は発病後1~2週、便は発病後3~5週まで
ヘルパンギーナ 咽頭は発病後1~2週、便は発病後3~5週まで
マイコプラズマ感染症 無治療では数週間検出されるが、症状がなくなれば感染力は弱い。